FC2ブログ

2009-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年11月(第372回)例会のご案内

 2009年11月(第372回)例会は下記の通りです。

 と き 11月22日(日)午後1時30分~5時
 
 ところ 名古屋YWCA(電話052-961-7707 地下鉄「栄」駅5番出口より錦通りを東へ約100m)

 テキスト 金時鐘再訳『朝鮮詩集』(岩波書店)

 報告者 中島和弘(現代アート作家・詩人)


 10月例会は作者の尹健次さんも出席。立花涼さんの「立花ワールド」からの問題提起、参加者13名全員による意見と推奨詩一篇の朗読、そして尹健次さんの詩作をめぐる興味深い話。あっという間に時間が過ぎました。

 なお、尹健次さんは蓼科の山の家から車で来たとのことです。

 12月例会のテキストは、金夏日歌集『一族の墓』(影書房)です。早めに入手を。

  磯貝治良
スポンサーサイト

ドストエフスキーノート(1966)

全文を表示 »

八箇孕石(はっかはらみいし)にて(1968)

全文を表示 »

迷彩の陰画(1968)

全文を表示 »

駱駝(らくだ)の死(1971)

全文を表示 »

09年10月(第371回)例会のご案内

09年10月(第371回)例会は下記の通りです。

 と き 10月25日(日)午後1時30分~5時 

 ところ 名古屋YWCA(電話052-961-7707 地下鉄「栄」駅5番出口より錦通りを東へ約100m)

 テキスト 尹健次詩集『冬の森』(影書房)

 報告者 立花涼(作家・会員)

 11月は金時鐘訳『再訳 朝鮮詩集』(岩波書店)を予定しています。


 「架橋」の原稿募集

 10月30日を締め切りとします。
 それまでに一冊分、集らない心配大いにあり。その場合は延ばしますが鋭意、努力を。

 掲載料は400字詰1、500円、雑誌1頁分4、500円。
 原稿は添付ファイルで送ってください。


 磯貝治良

『架橋』第4号(1982年夏)

全文を表示 »

『架橋』第3号(1981年春)

全文を表示 »

『架橋』第2号(1980年夏)

全文を表示 »

『架橋』第1号(1980年冬)

全文を表示 »

09年10月(第371回)例会のご案内

09年10月(第371回)例会は下記の通りです。

 と き 10月25日(日)午後1時30分~5時 

 ところ 名古屋YWCA(電話052-961-7707 地下鉄「栄」駅5番出口より錦通りを東へ約100m)

 テキスト 尹健次詩集『冬の森』(影書房)

 報告者 立花涼(作家・会員)

 11月は金時鐘訳『再訳 朝鮮詩集』(岩波書店)を予定しています。


 「架橋」の原稿募集

 10月30日を締め切りとします。
 それまでに一冊分、集らない心配大いにあり。その場合は延ばしますが鋭意、努力を。

 掲載料は400字詰1、500円、雑誌1頁分4、500円。
 原稿は添付ファイルで送ってください。


 磯貝治良

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

磯貝治良

磯貝治良

「在日朝鮮人作家を読む会」へようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。