FC2ブログ

2019-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磯貝治良『うらよみ時評 斥候(ものみ)のうた 地軸がズレた列島の片隅から』刊行のお知らせ



本会主宰・磯貝治良の新著『うらよみ時評 斥候(ものみ)のうた 地軸がズレた列島の片隅から』(一葉社、1,800円+税)が刊行されました。ぜひご一読を。
スポンサーサイト

評論集『〈在日〉文学の変容と継承』刊行のお知らせ

『〈在日〉文学の変容と継承』

著 者 磯貝治良
出版社 新幹社
定 価 2500円+税

目次:
Ⅰ〈在日〉文学の七十年
 変容と継承ー〈在日〉文学の七十年/ 在日文学の女性作家・詩歌人/ 在日文学のゆくえー日本との交差路にて/ 文学に見る在日の変遷とこれから
II 金時鐘・金達寿・鷺沢萌論
 金時鐘の詩を順不同に語る/根を植えた人ー金達寿/コリアを訪ねる旅ー鷺沢萠
III 「韓国併合100年」から戦後の文学を読む
 「韓国併合100年」から戦後の文学を読む/天皇制と三・一

http://shinkansha.exblog.jp/24167224

求心力としての部落 「炎の場所」の構造ーー野間宏『青年の環』小論(1977)

全文を表示 »

文体の思想(1965)

全文を表示 »

私の花田清輝読み(1975)

全文を表示 »

現代文学はいかにして可能か(1964)

全文を表示 »

ドストエフスキーノート(1966)

全文を表示 »

磯貝治良の既刊書(評論)

単行本 『始原の光 在日朝鮮人文学論』創樹社1979年
『戦後日本文学のなかの朝鮮韓国』大和書房1992年
    『〈在日〉文学論』新幹社2004年

  ルポ『れんみんの中国』愛知新報社1978年

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

磯貝治良

磯貝治良

「在日朝鮮人作家を読む会」へようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。