FC2ブログ

2019-08

小説集『クロニクル二〇一五』刊行のお知らせ


クロニクル二〇一五クロニクル二〇一五
(2014/08/25)
磯貝 治良

商品詳細を見る

 出版社 一葉社
 定価 2,500円+税
 第一部「骰(さい)の時」
 第二部「革命異聞二〇一五」
 第三部「終わりのない道標」

本会主宰・磯貝治良の小説集『クロニクル二〇一五』が一葉社から刊行されました。
出版社が付した帯文は以下のようになっています。

《これは現実(リアル)か虚構(フィクション)か この不気味で息苦しく理不尽な今日を 15年前から予見していた必然で終わりのない虚実交錯の物語  「正義と夢の探検隊」の老若男女7人が徴兵制復活をことほぐイエロー国の片隅から「秘密のアベッコちゃん」に徒手空拳で立ち向かう!》

ぜひご一読ください。

ナンセンス・プロダクション始末記(1967)

全文を表示 »

石(1965)

全文を表示 »

叔父の死と老婆たち(1967)

全文を表示 »

犯行の論理(1966)

全文を表示 »

悔いの証(1966)

全文を表示 »

民話(1967)

全文を表示 »

夢を刈る(1974)

全文を表示 »

奇妙な男(1959)

全文を表示 »

面を脱ぐ(1972)

全文を表示 »

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

磯貝治良

磯貝治良

「在日朝鮮人作家を読む会」へようこそ!