fc2ブログ

2021-10

2021年12月(第471回)例会のお知らせ

深沢潮 『翡翠色の海へうたう』

2021年12月(第471回)例会は下記の通りです。

と き 12月12日(日)午後1時30分~5時
ところ 名古屋YWCA(℡052―961―7707 地下鉄「栄」駅下車5番出口より錦通りを東へ100㍍)
テキスト 深沢潮『翡翠色の海へうたう』(KADOKAWA)
報告者 草野信子(詩を書く人 近作詩集に『持ちもの』(2021年2月)『母の店』(同年9月)いずれも ジャンクション・ハーベスト刊。

2021年10月(第470回)例会のお知らせ

李龍徳

と き 10月10日(日)午後1時30分~5時

ところ 名古屋YWCA(℡052―961―7707)
    地下鉄「栄」駅下車、5番出口より錦通りを東へ約100㍍

テキスト 李龍徳『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』(河出書房新社)

報 告 朴成柱(名古屋大学大学院生)


磯貝治良

2021年5月(第469回)例会のお知らせ


海の底から

と き 5月23日(日)午後1時30分~5時

ところ 名古屋YWCA(℡052-961-7707)
    地下鉄「栄」駅5番出口より錦通りを東へ約100メートル

テキスト 金石範『海の底から』(岩波書店)

報 告 磯貝治良(小説家)

コロナ対策を充分にして行ないます。どうぞ、参加を。

磯貝治良

2021年3月(第468回)例会のお知らせ

風の声
と き 3月28日(日)午後1時30分~5時

ところ 名古屋YWCA(℡052―961―7707)
 地下鉄「栄」駅5番出口より錦通りを東へ約100㍍)

テキスト 金蒼生『風の声』(新幹社)

報告 朴成柱(名古屋大学大学院生 在日総合誌『抗路』8号に30枚ほどの「家族史」を掲載予定)

下記の催しにも是非参加を。
「韓国併合100年」東海行動講演会「今あらためて朝鮮植民地支配清算の課題を考える」、講師・水野直樹さん(京都大学名誉教授 朝鮮近現代史)
と き 3月1日(月)午後6時30~(開場6時)
ところ 名古屋市公会堂(四階 鶴舞公園内)
参加費 800円 学生500円


磯貝治良

2021年1月(第467回)例会のお知らせ

と き 1月24日(日)午後1時30分~5時

ところ 名古屋YWCA(℡052―961―7707)
    地下鉄「栄」駅5番出口より錦通りを東へ約100㍍

テキスト 『架橋』34号(評論とエッセイ、本の紹介の3篇を取り上げる)

報 告 中島和弘(詩を書く現代アート作家)

磯貝治良

2020年11月(第466回)例会のお知らせ

と き 11月22日(日) 午後1時30分~5時

ところ 名古屋YWCA(℡052―961―7707)
    地下鉄「栄」駅5番出口より錦通りを東へ約100㍍)

テキスト 『架橋』34号合評会part1

報 告    浮葉正親(名古屋大学教授)

 小説・詩と評論・エッセイを2回に分けて行ないます。第1回は小説・詩です。

 『架橋』34号、手持ちでなく入要の人、連絡ください。送ります。

磯貝治良

『架橋』第34号刊行のお知らせ

『架橋』第34号が出ました。前号から3年ぶりの刊行です。

IMG_7514.jpg

目次
◯小説「道★連れ」(磯貝治良)
◯詩「山羊」(草野信子)
◯詩「遠い記憶」(中島和弘)
◯エッセイ「24歳を迎え、私がいま考えていること」(朴成柱)
◯本の紹介「在日朝鮮人の歴史と記憶をめぐる闘い 朴沙羅『家(チベ)の歴史を書く』筑摩書房(2018)に寄せて」(浮葉正親)
◯評論「読む、時代を?『こわい、こわい』と『禁じられた郷愁』交差的読解」(立花涼)
◯コラム
◯会録
◯あとがき

2020年8月(第466回)例会のお知らせ(中止)

梁石日

中止します
と き  2020年8月2日(日)午後1時30分~5時

ところ  酒幕 (℡052-263-1418)
     名古屋市中区大須3−34−13
     地下鉄「上前津」駅8番出口より徒歩1分
     大須・東仁王門通りの東口 招き猫のロータリーの近く。仲間の劉竜子さんの居酒屋です

テキスト 梁石日『魂の痕(きずあと)』(河出書房新社)

報告者 方潤濟(帝塚山学院大学外国語特任教員)

みなさん、ふるって参加を。カウンター席なので対面ではなく横並び。コロナウイルス感染リスクは限りなく低いです。

磯貝治良

2020年2月(第465回)例会のお知らせ

朝鮮大学校物語

と き 2月16日(日)午後1時30分~5時

ところ 名古屋YWCA(℡052―961―7707)
     地下鉄「栄」駅5番出口より錦通りを東へ約100㍍

テキスト ヤン ヨンヒ『朝鮮大学校物語』(角川書店)

報 告 朴成柱(名古屋大学院生)

  誰でも自由に参加できます。参加費は会場費として500円~700円程度。気軽にお出でください。

『架橋』34号、原稿募集中
 


磯貝治良

2019年12月(第464回)例会のお知らせ

51vqg0zuZ6L.jpg

と き 12月22日(日) 午後1時30分~5時

ところ 名古屋YWCA(電話052―961―7707)
    地下鉄「栄」駅5番出口より錦通りを東へ約100㍍

テキスト 磯貝治良『イルボネ チャビョク―日本の壁』(風琳堂、電子版が(株)22世紀アート・販売アマゾン)

報告者 金可烈(名古屋大学大学院生)

テキストは紙の本がたぶん絶版になっているはず(磯貝の手元に2部だけあり)。電子版は昨年3月刊、800円で買えます。

磯貝治良

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

磯貝治良

磯貝治良

「在日朝鮮人作家を読む会」へようこそ!